48708件の介護求人を掲載中!!
48708件の介護求人を掲載中!!
介護のキャリア 資格
2019/03/05

介護職者なら知っておきたい、社会福祉主事任用資格ってどんな資格?

あまり聞きなれない資格である社会福祉主事任用資格。しかし、共に働く仲間であることから、介護職の方も知っておいて損はない資格となっています。ここでは、そんな社会福祉主事任用資格についてご紹介します。

あまり聞きなれない資格である社会福祉主事任用資格。しかし、共に働く仲間であることから、介護職の方も知っておいて損はない資格となっています。ここでは、そんな社会福祉主事任用資格についてご紹介します。

社会福祉主事任用資格の概要を知ろう

まずは社会福祉主事任用資格が一体どのような資格なのか、その資格について知っていきましょう。

社会福祉主事任用資格ってどんな資格?

社会福祉主事任用資格は、社会福祉の現場において相談業務にあたることのできる資格です。各地方自治体の福祉事務所に従事するケースワーカーなどの公務員になるために必要な資格です。任用資格という意味は、行政分野において、特定の職業や職位に任用されるための資格にあたります。例えば介護福祉士のように国家資格を取得すれば介護福祉士として認められるようなものではなく、取得後に当該職務に任用されることで、初めて効力を発揮するという特徴があります。

社会福祉主事任用資格があるとどこで働けるの?

社会福祉主事任用資格によって働ける職場は福祉事務所、老人福祉施設、身体障害者施設、社会福祉協議会などです。施設によって扱いは異なり、福祉事務所や児童相談所ではケースワーカー、老人福祉施設や身体障害者施設では指導員、社会福祉協議会では福祉活動専門員という扱いになります。これらの職種で、生活上の困難に直面している人やハンディキャップをもっている人々の相談にのるのが社会福祉主事任用資格です。

社会福祉主事任用資格を取得するためには?

社会福祉主事任用資格はどのようにして取得することができるのでしょうか。

社会福祉主事任用資格は試験がない?

社会福祉主事任用資格は資格試験がなく、ある条件に該当すれば資格が取得できます。大学もしくは専門学校で所定の科目を修めることで取得できます。
また、資格を取得するための条件とは以下のようになります。

・社会福祉主事の指定養成期間(専門学校等)や認定講習会(現職者対象)の課程を修了した者。
・大学や短大で厚生労働大臣の指定した科目※1を3科目以上修めて卒業した者。
(社会福祉士等の受験資格が取得できる福祉系の大学、短大でも条件が重なるため、取得できます。)
・社会福祉士、精神保健福祉士の資格を有する者

 


※1 社会福祉概論・社会福祉事業史・社会福祉援助技術論・社会調査論・社会福祉施設経営論
社会福祉行政論・社会保障論・公的扶助論・児童福祉論・家庭福祉論・身体障害者福祉論
保育理論・知的障害者福祉論・精神障害者保健福祉論・老人福祉論・医療社会事業論・地域
福祉論・法学・民法・行政法・経済学・社会政策・経済政策・心理学・社会学・教育学・倫理学・公衆衛生学・看護学・介護概論・栄養学・家政学

平成12年以前に学生だった方は要注意!

実は、科目の変遷により平成12年を境に適用科目が変わっています。そのため、平成12年より以前に学生であった方は、以下の科目を3科目以上修めていることが条件となります。

社会福祉概論・社会福祉事業史・社会福祉事業方法論・社会調査統計・社会福祉施設経営論
社会福祉行政・公的扶助論・児童福祉論・保育理論・身体障害者福祉論・知的障害者福祉論
老人福祉論・医療社会事業論・地域福祉論・協同組合論・法律学・経済学・心理学・社会政策・社会学・経済政策・社会保障論・教育学・刑事政策・犯罪学・倫理学・生理衛生学・公衆衛生学・精神衛生学・医学知識・看護学・栄養学

社会福祉主事任用資格があると何がいいの?

社会福祉主事任用資格を持っているとどのようなメリットがあるのでしょうか?

社会福祉主事任用資格を持っていることのメリット

社会福祉主事任用資格を持っていることによる介護分野でのメリットは、就職に有利なこと、キャリアアップが図れること、長期的に働けるということです。

【就職に有利】

社会福祉主事任用資格者を明記して募集している求人も多くあり、中には社会福祉主事任用資格に対する資格給を給付しているところもあります。任用資格を持っているだけで就職先の幅が広がり、お給料もアップします。また、働ける場所も介護施設以外にも多くあるため選択肢も広がります。

【キャリアアップが図れる】

介護職の方にとっては相談業務という今までと違う業務になるため介護や社会福祉の知識はたくさん必要になります。そういったことを勉強することで知識も身に付き、キャリア形成にもつながります。

【長期勤務が可能】

社会福祉主事任用資格は基本的に相談業務に当たる以外は事務仕事が多くなります。そのため、体力的に辛くなってきても介護現場で引き続き働いていくことが可能となり、長く仕事を続けられます。

取得試験がないというメリットも!

社会福祉主事任用資格を取得する上際に試験がないこともメリットの一つと言えます。前述したように講義を受けて修了すれば資格が取得できるので、資格試験のための勉強は不要です。講義を受けるだけで任用資格が手に入るという手軽さはメリットと言えるでしょう。

まとめ

任用資格であるため、職に就かなければ効力は発揮できないものの、資格試験を受けずに取得できる手軽さと、就職やキャリアアップに役立つという強みがある社会福祉主事任用資格。今後転職やキャリアアップを考えている、体力的な限界が来ても介護分野で長く働きたいと考える方は一度取得を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

オススメの介護求人情報

ケアキャリサーチ!がオススメする、今注目の介護求人情報です。

あまり聞きなれない資格である社会福祉主事任用資格。しかし、共に働く仲間であることから、介護職の方も知っておいて損はない資格となっています。ここでは、そんな社会福祉主事任用資格についてご紹介します。

TOP