27037件の介護求人を掲載中!!
27037件の介護求人を掲載中!!
介護のキャリア 資格
2021/02/10

介護職に必要なスキルは?スキルアップのコツとおすすめ資格4選

近年介護業界は、とても需要が増えています。そのため、介護業界で働くには、どのようなスキルが必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、介護をする際に必要なスキルを詳しく解説していきます。

近年介護業界は、とても需要が増えています。そのため、介護業界で働くには、どのようなスキルが必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、介護をする際に必要なスキルを詳しく解説していきます。

介護をする際のスキルを身につけるコツやおすすめの資格も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

介護をする際に必要なスキルは

介護職で働くためには、次のようなスキルが必要です。

  • コミュニケーション能力
  • コーチングスキル
  • 介助スキルや専門知識
  • 臨機応変に対応する力
  • 観察力

それぞれのスキルがなぜ必要なかの見ていきましょう。

コミュニケーション能力

介護職では、利用者とのコミュニケーションを取る必要があります。また、利用者の家族ともコミュニケーションを取る必要があるため、ほかの業務よりもコミュニケーション能力が重視されるでしょう。

特に介護職では「◯◯をしてあげますね」といったコミュニケーションを取ってしまうと、利用者のプライドを傷つけてしまいます。

介護現場でコミュニケーションを取る際は、相手の立場に立った言葉遣いをいつも以上に意識するようにしましょう。

コーチングスキル

コーチングとは、相手の話を聞くことや質問、観察することで、目標の達成をサポートする手法のことです。

なぜ、目標の達成をサポートする必要があるのかというと、目標を決めることで、利用者に行動を促すことができるからです。

利用者が自ら行動をしてくれないと、過剰介護をしてしまう恐れがあります。過剰介護をすると、本来行えていた動きができなくなることや行動意欲を低下させてしまう恐れがあるのため、行動を促すということは介護職では重要です。

そのほか介護現場では、スタッフの指導や教育をすることも多いので、コーチングスキルを身につけておくと役立つでしょう。

介助スキルや専門知識

介護をする際は、利用者の生活支援や身辺援助を問題なく行える必要があります。

介助業務には、食事介助や排泄介助、移動介助など様々な種類があるため、専門的なスキルや知識を身につけないといけないでしょう。

そのほか、介護の現場では、専門的な言葉も多く使われています。一緒に働くスタッフとコミュニケーションを取るためにも、介護現場で使われる専門用語を覚えるようにしましょう。

臨機応変に対応する能力

介護現場では、利用者一人一人が、介護士に求めることは異なります。そのため、誰にでも同じ介助をしていると、不満を感じる利用者も中にはおられます。

利用者とのコミュニケーションを図るためにも、信頼関係を築いていく必要があります。信頼関係を築くためにも、個人にあった臨機応変に対応する能力は必要不可欠でしょう。

観察力

介護現場では、利用者の変化を観察する能力が必要です。小さな違和感に気付くことができると、病気の早期発見や必要な処置を素早く実行することができます。

また、介護現場で働く際は、違和感に気づけるよう、日頃から工夫や意識をしておくことも重要です。利用者の様子を毎日メモをしておくなど、違和感を見逃さないための工夫をしておきましょう。

介護スキルを上げるために意識するべきこと

介護職では、様々なスキルが必要になります。介護に必要なスキルを身につけるためには、日頃からどのようなことを意識すれば良いのか紹介します。

限られた時間で学ぶ姿勢

介護をする際は、介助スキルや専門知識を学ぶ必要があります。介護士としてキャリアアップしたり、資格を取得したりするには、新たに知識や技術を身につける必要があります。

そのほか、研修や座学なども多くあるため、介護スキルを身につけるためには、限られた時間の中で学ぶ姿勢が重要です。

広い視野で必要なスキルを考える

介護をスムーズに行うためのスキルは、直接関連することがない場合でも役立つことがあります。

例えばアロマセラピーのような、癒しを与えることができるスキルも介護をする際に役立ちます。先ほど紹介した、コーチングも関連したスキルではありますが、介護をする際に活かせることは多いでしょう。

このように介護で必要なスキルは、広い視野で考えると沢山あることが分かります。そのため、介護だけではなく、様々な分野の情報を日頃から収集することを意識しましょう。

常に相手の立場で物事を考える

介護職では、相手の立場で物事を考えるということが、とても重要です。

利用者さんをトイレをする際などは「トイレをご案内します」や「トイレにご一緒します」など、相手のプライドを傷つけない言葉選びをする必要があります。

そのほか、利用者の家族が訪問した際は、下の名前で呼ばず、名字と様付けをしていないと不快に感じるという方もいるでしょう。

介護職は、様々な人と関わる仕事です。常日頃から、相手の立場に立って物事を考えるということを意識するようにしましょう。

気持ちを上手に切り替える

介護現場で働いていると、精神的にきつい場面に遭遇することもあります。また、利用者と信頼関係を築くまでは、仕事が上手く行かないということもあるでしょう。

しかし、仕事をネガティブに考えてしまうと、介護に必要なスキルを身につけていくことはできません。スキル向上のためにも、ポジティブな気持ちで業務を行うことを意識しましょう。

介護のスキルアップにつながる資格4選

介護のスキルを身につけたいという場合は、資格を取得するのも一つの方法です。スキルアップを目指しているという方は、次の資格を取得することがおすすめです。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務研修
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー

それぞれの資格について解説します。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の基礎的な知識と技術を学ぶことができます。そのため、介護初心者の方でスキルアップを考えているという方は、介護職員初任者研修の資格を取得することがおすすめです。

介護職員初任者研修の資格を取得すると、身体介護と訪問介護のどちらもすることができるため、活躍の幅を増やすことができます。

ホームヘルパーのような、訪問介護のスキルを身につけたいという方は、介護職員初任者研修の資格を取得しておくようにしましょう。

【参考コラム:介護職員初任者研修とは?資格の概要や取得方法について

介護福祉士実務研修

介護福祉士実務研修では、実践的な専門技術や知識を身につけることができます。

介護福祉士実務研修の資格を取得すると、サービス提供責任者になることができるので、給料アップににも繋がるでしょう。

また、医師や看護師しか行うことができない、たん吸引をすることもできるので、現場でも銃砲される存在になることができます。

介護福祉士実務研究者は、介護福祉士の受験資格でもあります。キャリアアップを目指しているという方は、必ず資格を取得しておくようにしましょう。

【参考コラム:介護福祉士実務者研修とは?試験内容・受験資格・費用について

介護福祉士

介護福祉士は、介護に関する唯一の国家資格です。資格を取得すると、介護の知識や技術だけではなく、医療や保険についてなど、幅広い知識を身につけることができます。

介護福祉士の資格を取得すると、介護現場で管理者やリーダーとして教育や指導することも可能です。医療や保険の知識も身につくので、利用者の家族から相談を受けることもあるでしょう。

介護業界でキャリアアップを考えているという方は、資格の取得を目指してみてください。

【参考コラム:介護福祉士とは?その仕事内容や役割、介護士との違いについて

ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、介護支援専門員と呼ばれる、専門職種です。ケアマネージャーの資格を取得すると、利用者と家族に合った介護サービスを受けるために計画を立てることや要介護認定申請書の書類作成などを行うことができます。

ケアマネージャーの力量次第で、利用者の生活が大きく変わるので、とてもやりがいのある仕事です。介護業界でより一層活躍したいという思いがある方は、ケアマネージャーの資格を取得することがおすすめです。

【参考コラム:ケアマネージャーの仕事内容とは?給料や受験資格は?

まとめ

介護では多くのスキルを要求されることが分かると思います。しかし、どのスキルも日頃から意識することができると、決して身につかないものではありません。

また、身につけたスキルを形にしたいという方は、資格を取得するという方法があります。介護業界でキャリアアップを目指しているという方は、ぜひこの記事で紹介した資格に挑戦してみてください。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

オススメの介護求人情報

ケアキャリサーチ!がオススメする、今注目の介護求人情報です。

近年介護業界は、とても需要が増えています。そのため、介護業界で働くには、どのようなスキルが必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、介護をする際に必要なスキルを詳しく解説していきます。

TOP