48708件の介護求人を掲載中!!
48708件の介護求人を掲載中!!
介護の転職 面接・書類選考
2018/05/25

介護職の転職での履歴書の書き方について

介護の転職を行うにあたって重要な履歴書。ここでは、履歴書を作成するにあたって重要なポイントを3つにまとめて説明します。 履歴書を書くのが大変ですが、その履歴書で良い職場に勤められるかが決まってくるということを考え、丁寧に書くようにしましょう。

介護職に転職する場合においても重要となってくるのが、履歴書です。もちろんパソコン・手書きは問いませんが、手書きの場合は丁寧に文字を清書したり、書き損じがあったらすべてゼロから書き直すなどは基本です。

空白空欄を極力なくすことも大切で、日付は提出する日付を記載し、経歴などもしっかり書くことは基本としてあります。

ここではさらに重要になると思われる職歴について説明し、それから志望動機、自己PRについてご説明いたします。ぜひ参考にして確実に転職を成功させてください。

職歴はもれなく正確に書く

転職なので正社員契約社員の職業を記入するのは問題ありませんが、他にもアルバイトやパート、派遣などでも基本的にすべて記入した方が良いでしょう。応募する仕事へのアピールにつながる可能性があるからです。

もしもそれを見て親近感を感じてもらえたり、あるいは技術があると考えてもらえるかもしれません。実はこんな仕事でも役に立つということがあるのです。案外働いてみないとその職場で必要な能力というのは分からないものなので、相手は思わぬところに気付いて気に入ってもらえる可能性があるので、すべてもれなく記入しましょう。

あまり短期間の場合は逆効果になる可能性がありますが、2ヶ月以上の勤務した場所の場合はすべて書いた方が良いです。ただすべてを書く上で正しい書き方で記入するようにしておきましょう。

たとえば(株)などの省略した表記はあまり使わず株式会社という風に書くようにするとよいです。また(福)や(医)なども使わずにちゃんと社会福祉法人や医療法人と書くようにしましょう。

それから所属していた部署や事業所施設などと担当していた職務を正確に記入するようにしましょう。たとえば「何々ホームに所属しておりサービス提供責任者を担当しました」ということをしっかりと書いておくことが重要です。

志望動機は手を抜かない・ありきたりなフレーズはNG

志望動機は介護職への転職で一番重要なので絶対に手を抜いてはいけません。ありきたりなことを書くのもよくないことで、履歴書の中で一番重要な項目といえるのが志望動機になるのです。ここでしっかりと熱意を伝え印象を良くすることが転職を成功させるコツです。

明らかに手を抜いていたり、文字数が極端に少なかったりすると熱意がないと判断され印象が悪くなります。

確かに面倒ですし、何を書いていいのか良く分からないなどというのが本音ですが、空白にしてしまうようでは合格することはほぼないと考えてよいでしょう。

それからありきたりにせず介護施設や訪問介護事業所などの印象ぐっと良くするような志望動機を書くように頑張ると良いです。そのためにはしっかりその面接を受ける介護施設や訪問介護事業所などを調べると良いでしょう。

「御社の企業理念に共感したため」などといったありきたりなことは言わず、また条件面だけ、給料や休日働かなくて済むためなどの角度も非常に消極的な理由なので印象が悪くなります。特徴をしっかり調べ、どのような部分に興味を持ったかなどを考えて志望動機をオリジナリティ溢れるように書くことが転職の際は重要です。

自己PRは介護職として相応しいイメージを書く・短所は当たり障りのないものを

介護職で求められているような人物像をしっかりイメージしながら書くと上手に纏まる可能性があります。

介護職として求められていることは何でしょうか。コミュニケーション能力が必要ですし、介護では、明るく丁寧と言った要素もあると良いです。嘘はいけませんがそうした介護職として必要とされるであろう能力を考えてみて、そこへ自分の得意なことをしっかりとアピールするようにすれば良いのです。

たとえばあまり掃除が好きでないのに、アピールしようと「綺麗好きです」などと書くのはおすすめできません。コミュニケーション能力があるといった特技などを探すと良いでしょう。そして「人と接することが大好きです、物怖じせずどのような人とでも楽しく話をできるのが自分の長所です」などと書けば良いのです。

また短所などを書く場合はできるだけ当たり障りのないようなことを書くのが重要で、短所をうまく長所に繋がるように書くと良いのかもしれません。業務上で大きな支障がないようなことを書いた方が良いです。

たとえば神経質という場合は神経質と書きつつも、業務上でミスのない仕事をすることを心がけることができます、みたいなことを書くようにすれば良いのです。

 

以上履歴書の書き方について重要な3項目である職歴と、志望動機と自己PRについて書いておきました。

特に転職する場合などは職歴などが直結してきます。これで合否が決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。しっかりと丁寧に一つ一つ職歴を書いていくことが必要になります。

確かに履歴書を書くのが大変ですが、その履歴書自体で条件の良い職場に勤められるかどうかが決まってくるということを考え、しっかりと時間を取って丁寧に書くようにしましょう。ただし嘘は書かずにありのままの自分を上手く書くように心がけることが重要です。嘘を書くと後々大変になってしまう可能性があるのでその点だけは注意しましょう。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

オススメの介護求人情報

ケアキャリサーチ!がオススメする、今注目の介護求人情報です。

介護の転職を行うにあたって重要な履歴書。ここでは、履歴書を作成するにあたって重要なポイントを3つにまとめて説明します。 履歴書を書くのが大変ですが、その履歴書で良い職場に勤められるかが決まってくるということを考え、丁寧に書くようにしましょう。

TOP