52666件の介護求人を掲載中!!
52666件の介護求人を掲載中!!
介護の転職 面接・書類選考
2020/06/25

介護業界の面接はどんな服装が正しい?抑えておきたい点を解説

介護業界に就職もしくは転職するときには必ず「面接」があります。採用選考では履歴書や資格も大切になるのですが、介護では「面接」が採用不採用に大きく関わってきます。その理由は、人と関わることが仕事になるからです。 では、介護の面接はどんな服装が正しいのでしょうか? この記事では、介護の面接時の正しい服装と面接時の服装で抑えておきたい点をいくつかご紹介します。

介護業界に就職もしくは転職するときには必ず「面接」があります。採用選考では履歴書や資格も大切になるのですが、介護では「面接」が採用不採用に大きく関わってきます。その理由は、人と関わることが仕事になるからです。

では、介護の面接はどんな服装が正しいのでしょうか?

この記事では、介護の面接時の正しい服装と面接時の服装で抑えておきたい点をいくつかご紹介します。

介護職の面接時の正しい服装とは?

介護職の面接は、服装を指定されることが少なく、正しい服装というのはありません。

しかし、決められていないからと言ってどんな服装でも良いわけではありませんよね。最も無難でオススメなのは、やはり「スーツ」です。黒やグレー、紺といったようなダークカラーのものが望ましいでしょう。ストライプが入っていても問題ないですが、派手な柄のものは控えたほうが無難です。20代の方であればリクルートスーツでも構いません。

そして「カジュアルな服装OK」という事業所もあるのですが、最低限ジャケットは着て面接に行くことをおすすめします。「カジュアルな服装OK」=「自分が着たい服装」ではありませんので、注意してください。

面接の服装で抑えておきたいこと

上記で面接時の服装をご紹介しましたが、スーツを着ればそれでよいというわけではありません。スーツということを理解した上で、抑えておきたい点がいくつかあります。

少しでも好印象を与えるために必要なことになりますので、参考にしてみてください。

清潔感のある服装

面接時の服装で大切なことが「清潔感」です。介護の仕事は人と接することが多いため、清潔感は非常に重視されます。

服装での清潔感では下記の点を抑えておくと好印象を与えられるでしょう。

  • 汚れやシミのない服装
  • 靴のつま先、かかとが削れていない
  • シャツがアイロンがけされている
  • 落ち着いた色の服装
  • スーツの線がある(男性)
  • ネクタイがしっかり締められている(男性)
  • スカートが短すぎない(女性) など

特にスーツ以外の服装の際にはより清潔感ということに気を付けてください。清潔感ということを考えてもスーツの方が無難でしょう。

サイズの合っている服装

面接時の服装がスーツでもスーツ以外でも、自分のサイズに合っていない服装は良い印象を与えることができません。サイズの合っていない服装は「信頼性」や「誠実さ」に欠ける印象を与えてしまいます。

あまり着ていない服装で面接に行かれる場合は、一度試着して問題がないか確認することが大切です。万が一サイズが合わない場合は、無理にその服装で面接に行くのではなく、新調することをお勧めします。

ビジネスマナーのある服装

上記でもご紹介しましたが、介護の面接では服装を指定されることは少ないです。そのため、スーツでもカジュアルな服装でも良いのですが、最低限のビジネスマナーは抑えた服装にしましょう。最低限のビジネスマナーは下記の通りです。

 

スーツの場合

  • 派手な色のスーツを着ない
  • 靴が汚れていない
  • 派手なネクタイは付けない(男性)
  • 靴下とスーツの色を合わせる(男性)
  • スーツとベルトの色を合わせる(男性)
  • ストッキングを着用する(女性)
  • ヒールの高すぎる靴を履かない(女性)
  • レースやフリルがついているシャツを着ない(女性)など

 

カジュアルな服装の場合

  • ジャケットを着る
  • 派手な色の服装をしない
  • 半ズボンを履かない
  • サンダルを履かない
  • 襟付きのシャツを着る(男性)
  • ストッキングを着用する(女性)
  • 短すぎるスカートは履かない(女性)など

ビジネスマナーは人によって多少異なるものになりますので、万人受けする服装ということを意識して選びましょう。

面接で服装以外で大切になること

介護の面接では服装以外でも重視される点がいくつかあり、重視される点は下記の通りです。

  1. 服装以外の清潔感
  2. 礼儀正しさ
  3. 笑顔

1つ1つを詳しく解説します。

1、服装以外での清潔感

清潔感は服装以外の部分で決まることも多く、服装はよいのに他の部分で足を引っ張ってしまってはもったいないです。清潔感は第一印象を決める上でも大切なことになるため、下記の点に注意してください。

 

「男性」

  • 髪の毛が整っている
  • 髪色は明るい色ではなく黒色にする
  • 前髪が長い場合は目が隠れないようにおでこを出す
  • 髭を剃る
  • 鼻毛が出ていないかチェックする
  • 爪は短くする など

 

「女性」

  • 髪の毛をまとめる
  • 明るい髪色ではなく落ち着いた色にする
  • ナチュラルなメイク
  • 派手なネイルは控える
  • 爪は短くする など

介護の仕事は人と接することが多いため、清潔感はあるに越したことはありません。面接時だけではなく、就業開始後も大切ですので、早いうちから清潔感には注意しておきましょう。

2、礼儀正しさ

介護を利用される方は、比較的年配の方が多いです。そのため、介護業界の面接では「礼儀」が重視され、言葉使いやお辞儀、話し方など面接では様々なことで礼儀正しさを確認されます。

面接時間が経過していくと、いつもの自分が出やすくなりますので、面接時だけではなく私生活から「礼儀」ということには意識しておくことが大切です。

3、笑顔

介護の面接で最も欠かせない点が「笑顔」です。極端な例ですが、笑顔な介護職員と笑顔じゃない介護職員、どちらの介護職員が好まれるのでしょうか?もちろん、笑顔の介護職員ですよね。

介護利用者も笑顔の介護職員の方が嬉しいと思いますし、一緒に働く介護職員としても、笑顔の方が好ましいでしょう。そのため、面接では笑顔でいることが大切です。

しかし、いつでも笑顔で話しているのもおかしいので、話の内容や雰囲気によっては真剣な表情でお話しましょう。最初と最後だけでも笑顔でいると好印象を与えることができます。

まとめ

この記事では、介護の面接時の服装についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

介護業界では「面接」が非常に重視されるため、服装に悩まれる方は「スーツ」で面接に行くことが無難です。しかし、ただスーツで行けば良いものではありませんので、上記でご紹介している点を抑えてスーツを着用しましょう。そして、服装以外にも抑えておきたい点はありますので、参考にしてみてください。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

オススメの介護求人情報

ケアキャリサーチ!がオススメする、今注目の介護求人情報です。

介護業界に就職もしくは転職するときには必ず「面接」があります。採用選考では履歴書や資格も大切になるのですが、介護では「面接」が採用不採用に大きく関わってきます。その理由は、人と関わることが仕事になるからです。 では、介護の面接はどんな服装が正しいのでしょうか? この記事では、介護の面接時の正しい服装と面接時の服装で抑えておきたい点をいくつかご紹介します。

TOP