51233件の介護求人を掲載中!!
51233件の介護求人を掲載中!!
介護の転職 応募求人選定
2020/04/16

介護の仕事探し、求人を探す際のアドバイスと注意点

新しく介護の仕事を始めたいと思っている人や、現在介護士として働いているけれど、転職をしたい!と考えている人。介護の求人は、充実しているので、仕事探しには苦労しないように思えますが、求人が多い分、どの施設を選んだらいいのかわからない…。 そんな疑問を持つ方に、介護の仕事探しの方法と、注意点などをご説明していきます。

新しく介護の仕事を始めたいと思っている人や、現在介護士として働いているけれど、転職をしたい!と考えている人。介護の求人は、充実しているので、仕事探しには苦労しないように思えますが、求人が多い分、どの施設を選んだらいいのかわからない…。

そんな疑問を持つ方に、介護の仕事探しの方法と、注意点などをご説明していきます。

介護士はどんな仕事があるの?

介護士として働ける場所には、介護付有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム、小規模多機能ホーム、デイサービスなど、ざっと挙げてみてもこれだけの施設形態があります。

その他にも、病院や、リハビリ専門のデイケアや比較的自立した高齢者に向けたケアハウスなど、まだまだ介護士が働く現場はたくさんあります。

以上に挙げた施設をわかりやすく、ご説明します。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、住居型の介護施設で、要介護者や、自立している高齢者を対象としています。

有料老人ホームの中でも、生活支援や、身体介護の必要な高齢者向けの介護付有料老人ホームや、食事や掃除などの生活支援サービスがついた住居型老人ホーム、自立度の高い高齢者向けの健康型有料老人ホームなどがあります。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、要介護3以上の中~重度の要介護の高齢者向けの住居型施設です。寝たきりの方や、認知症などの方が多く入居されています。

4人部屋など1部屋に数人入る「従来型」と、すべて個室になっている「ユニット型」の2つのタイプがあります。

グループホーム

グループホームは、認知症の高齢者を対象に、少人数で共同生活をおこなう住居型の施設です。共同生活といっても1人ずつ個室があります。

食事作りやレクリエーション、洗濯などを職員と入居者同士で一緒におこなうなど、1つの家族のような生活のあり方が特徴です。

訪問介護

訪問介護は、介護士が、自宅に住む利用者を訪問し、食事・入浴・排泄や掃除・洗濯・調理など、身体介助から生活援助まで行います。

決められたサービス時間内に、利用者に必要なサービスを行い、利用者が自宅で暮らせるよう支援します。

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能ホームは地域密着型サービスの施設で、「宿泊」「通い」「訪問」が1つになった高齢者施設です。

デイサービスのように、通いのサービスがありながら、1日~連泊での宿泊も可能で、訪問のサービスもあります。

デイサービス

デイサービスは、要介護の高齢者が利用する通所型の介護サービスです。

デイサービスは、食事、入浴、排せつなどの身体介助や、機能訓練やレク、季節に合わせたイベントなどもあり、他者との交流を増やすという目的もあります。

介護の仕事を探す方法は?

ハローワーク

介護職に限らず、仕事探しと言えば、ハローワーク(公共職業安定所)。仕事探しの相談にも乗ってもらえ、求人の応募への最初のコンタクトは、ハローワークの職員にしてもらえます。

また、現在、何人の人が応募していて、何人採用されている。なども詳しく教えてもらえます。希望をすれば、時間や休日などの希望も事前に伝えてもらえるので、安心です。

Indeedなどの求人サイト

現在は、インターネットで簡単に仕事探しをすることが主流です。ハローワークの求人に応募する場合、自分の住む市町村の管轄のハローワークに足を運ばなければならないため、現在働いていて、どうしても行くことが難しい人は、スマホさえあれば、仕事の休憩中や、家事などの合間にインターネットで仕事を探すことができます。

中でも、求人数の多いindeedは、ハローワークに出ていない求人もたくさんありますので、希望に、近い施設を探すことが可能です。

介護専門の求人サイト

求人サイトの中には、介護専門の求人サイトも多数あります。

介護専門の求人サイトの場合、検索する際に、保有資格や、職種、希望する施設など細かく設定できますので、より詳しく探すことができます。

介護専門の求人サイト『ケアキャリサーチ!』はこちら

新聞の折り込みチラシや公式サイトなど

新聞の折り込みチラシの求人情報、介護施設などの公式サイトやSNSなどで求人を出している場合があります。

ハローワークや求人サイトで探すよりも数は少なくなりますが、タイミングよく自分にあった求人が出ている場合もありますので、気になる施設がある場合は、こまめにチェックしてみるのも1つの手です。

介護の仕事探しで、注目するポイントと注意点!

どんな施設形態で働きたいのか考える

冒頭でもお話したように、介護施設といっても、デイサービスや、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、小規模多機能ホーム、訪問介護など、選択肢はたくさんあります。

介護という分類は同じですが、働き方や、勤務時間、サービス内容、雰囲気なども変わってきます。それぞれどんなことをするのか?を知り、自分にあっている施設を探しましょう。

勤務時間などがあっているか

デイサービスを除き、基本的に介護施設は24時間営業です。早番、遅番、夜勤など勤務時間が異なります。

仕事を探すときに、自身の可能な勤務時間であるか、働ける時間に限りがある人は、希望の時間帯で働くことができるか。などチェックする必要があります。

口コミを見てみる

小さな会社だと、口コミがなかったり、出ている口コミの数が少ないこともありますが、入社を検討している施設をインターネットで検索すると、実際に働いている職員の口コミが載っていることがあります。

良い意見も、厳しい意見も目を通し、働きやすいかどうかのリアルな意見を目にすることができます。中には、「サービス残業が多い」「有給が取りにくい」など詳しく書いてあることもあるので、応募前にチェックしてみると参考になります。

面接の際、現場の見学をさせてもらう。

給料や待遇など、求人を見ればわかることは、ある程度リサーチできますが、雰囲気などは、実際に現場に入ってみなければわかりません。

面接の際、「現場を見学させてもらうことはできますか?」などお願いしてみましょう。現場で働いている職員同士の雰囲気、挨拶はしっかり返してくれるかなどをさりげなくチェックしておきます。

まとめ

介護の仕事探しをする際は、どこで働きたいのか?自分の条件はなにか?を一度整理してみてください。

高齢社会の今、介護の仕事はとても需要があり、求人はたくさん出ています。人間関係など入ってみなければわからないこともたくさんあると思います。入社してからの満足度をあげるためにも、応募する前には、本当にこの施設は大丈夫か?自分にあっているか。現場の雰囲気はいいか、など事前にできるだけしっかりリサーチして、仕事探しに挑みましょう。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

オススメの介護求人情報

ケアキャリサーチ!がオススメする、今注目の介護求人情報です。

新しく介護の仕事を始めたいと思っている人や、現在介護士として働いているけれど、転職をしたい!と考えている人。介護の求人は、充実しているので、仕事探しには苦労しないように思えますが、求人が多い分、どの施設を選んだらいいのかわからない…。 そんな疑問を持つ方に、介護の仕事探しの方法と、注意点などをご説明していきます。

TOP